ウエダ美粧堂:化粧筆・メイクブラシの製造・販売

カートを見る
ウエダ美粧堂のこと:原点、和筆つくりの継承ウエダ美粧堂のこと:原点、和筆つくりの継承

原点、和筆つくりの継承

新石器時代末期(紀元前8500年)に毛筆状の物で描いたと思われる文様があり、筆の様な物が存在していたと言われています。
日本では仏教が盛んになった奈良時代「写経」が広まり、筆の需要が高くなり全国で筆作りが行われました。
その後、平安時代に書の名人で知られる「空海」が、中国の最新技法を持ち帰り、筆匠に伝えて筆を作らせ朝廷に献上したことが和筆のもととなったと言われてます。
そして「書く」ことから生まれた筆は、化粧刷毛として「描く」筆へ進化します。

ウエダ美粧堂は和筆つくりの技法を継承した筆工房です。